この記事は……。

  • 性感染症を予防したい
  • HPVのワクチンを打ちたい
  • パートナーを守って幸せな時間を作りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

HPVはほとんど人がかかるもの

ヒト乳頭腫ウィルスともよぶウィルスは
女性であれば80%以上、男性は90%以上が生涯で一度は何らかのHPVに感染すると言われています。
良性のものに変化すればまだいいのですが、
中には悪性になりがんを引き起こすものものもあります。
また、ハイリスクなHPVは約5割の女性が感染するという報告もあります。

 

HPVは男女感染します。
とくに女性はHPVによる子宮頸がんの感染がほとんどです。
男性では中咽頭がん、陰茎がん、肛門がんなどの性交に関わる部位でのがん化に関連しています。(60?90%程度の割合がHPV感染によるものとされています)
そのためHPVに感染している男性から、
性交によって女性へと感染させてしまった場合は、
これらのがんを引き起こさせてしまう可能性が非常に高まります。

 

【ぺいるーと】でHPVワクチン接種のメリット

男性がHPVワクチンを接種するメリットは、
性交時のパートナーからのHPV感染を防ぎ、
未然に『がん』を回避することにあります。
ですが「【ぺいるーと】」でワクチン接種をするならほとんど費用はかかりません。

 

HPVワクチンは高い!?でも【ぺいるーと】なら安心

まだ日本では承認されていないので、
自費でHPVワクチンを接種すると数万円以上?の高額な費用がかかります。
でも【ぺいるーと】」の治験に参加すれば、
費用は交通費や初診料・再診料のみだけ!
また治験参加者は「負担軽減費」として支払われるお金を受け取ることができます♪

 

【ぺいるーと】の信頼性

【【ぺいるーと】】は業界トップクラスのモニター数を誇っており、
東京では治験実施数は全国No.1の実績があります。

 

【ぺいるーと】の治験はどこで受けられる?

HPVワクチンのワクチン接種は
茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川/大阪府/京都府/兵庫/奈良
などなど全国から受けられます!
↓のリンクより公式サイトにアクセスできます。

 

【ぺいるーと】で不安や不幸を未然に防ぐ

がんは一度かかると重症化しやすい病気です。
また金銭的・精神的にも多大な負担がかかります。
ですが【ぺいるーと】の治験に参加すれば、
そんな不安を未然に防ぐことができます。
パートナーと幸せな時間を送りたいなら
何よりも優先して治験に向かうことを強くオススメします。

 

 


 

 

一般的な治験への応募方法

 

治験に参加するためには、まずどこの病院で治験の募集を行っているのか調べる必要があります。治験情報はインターネットや病院で調べることができます。大学病院は研究機関でもあるので、街の小さな病院よりも大学病院の方が、治験募集が見つかりやすいと思います。

 

治験募集が見つかったら、応募資格に適合しているのか確認します。こういう人を募集していますと書かれているはずなので、しっかりと読んで自分に当てはまるかを確認します。

 

条件似合っているようなら応募をします。応募をすれば必ず治験に参加できるのではなく、健康診断を受けてクリアしなければなりません。血液検査、体重測定、血圧測定などの健康診断があります。

 

健康診断もクリアできれば治験に参加できます。

 

 治験って実際何するの?

 

治験には、通院をするタイプと入院するタイプがあります。

 

私は入院するタイプの治験に参加しました。

 

入院期間は治験内容によってさまざまで、数日のこともあれば1か月以上になることもあります。入院期間中は外出できません。食事も睡眠時間もすべて病院に管理されます。

 

入院期間中に治験でやることは、薬の服用と検査です。

 

薬は決められたものを決められた時間に決められた量を服用します。看護師さんが薬を持ってきてくれるので、飲み忘れる心配はありません。

 

検査の種類は血液検査です。頻繁に採血されるので、血液が少ない人だと無理だと思います。こういったこともあるので、治験前に健康診断を受けて、治験に参加できるのか確かめているのでしょう。何度も採血されるので血液が不足しないか心配になったこともありますが、治験参加期間中に貧血になることはありませんでした。

 

採血をするときは針を刺すので痛いです。採血が下手な看護師さんと上手な看護師さんがいて、下手な看護師さんのときには何度か針を刺し直されるのがつらいです。ときには採血した場所が腫れてしまいました。上手な看護師さんだと針を刺すときにほとんどいたくないし、あっという間に終わってしまいます。腕が腫れることもないです。

 

 入院中の食事と間食

 

食事は病院が管理していて、決まった時間に食事をします。病院が作っていることだけあって、管理栄養士さんが栄養を計算して考えられたメニューなのでしょうか。いかにも健康的といった内容でした。たとえば、焼き魚、豆腐ハンバーグ、野菜のおひたしといった料理がありました。朝食に牛乳が出てきて、小学校の給食を思い出してしまいました。

 

食事のおかわりをすることはできません。たくさん食べたい人、いつもおかわりをしている人は、ちょっとだけつらいかもしれません。しかし、健康的な食事ができるので、普段たくさん食べていた人は治験後には健康的に体重が減っているかもしれません。

 

病院で出される以外のものは食べてはいけません。私はお菓子が好きで、治験に参加していないときはお菓子をよく食べていたのですが、治験期間中は一口も食べずに過ごしました。自分でお菓子を持ち込むことはできないし、外出できないのでこっそり買って食べることもできません。砂糖中毒になっている人はいきなり砂糖断ちをするとつらいと思うので、もしも治験に参加したいと考えているなら、普段からお菓子を食べる量を減らせるようにしていくとよいと思います。お菓子を食べられないことは少しつらく感じたこともありますが、治験期間中、お菓子を食べずに無事に過ごせました。

 

 空き時間の過ごし方

 

薬を飲むことと検査をする以外にやることはありません。検査などがない時間は好きなことをして過ごすことができます。ただし、外に出たり、激しい運動をしたりすることは許されず、1日の多くの時間をベッドの上で過ごすことになります。

 

私は読書が趣味なので、暇なときには読書をしていました。読みたかった本がたくさんあり、それらを読むことができてよかったです。ただ、1日中読書をしていると頭が疲れます。そのため、読書以外にテレビを見たり、ゲームをしたりもしていました。普段テレビを見ることはあまりないので、こういったときでないとじっくりテレビを見られません。じっくり見てみると、意外と面白い番組があるのだなと思いました。それから、マンガが用意されていて好きに読むことができます。治験期間中にマンガを読破できました。

 

お風呂に入ることはできます。決められた時間でお風呂を済ませなければならないので、自宅のお風呂のようにゆっくりすることはできませんが、入院期間中でも体を清潔に保てることはよかったです。

 

病院で過ごしているとすべて管理されるので窮屈に感じるところもありますが、食事の準備を自分でしなくてよいし、何かあったときにはすぐに看護師さんを呼ぶことができるので安心感がありました。

 

 


 

 

複数の治験サイトに登録

複数の治験サイトに登録してた事があります。治験をやろうと思ったきっかけは、雑談に掲載されていたものを見掛け、興味が湧いてきたからです。

 

そんな事を忘れかけていた頃、仕事先絡みのトラブルが発端で体調を崩してしまいました。それを理由に仕事量を控えた頃、以前登録した治験サイトからのメルマガが目に留まります。

 

なんとタイミング良く、私が患っていた症状と該当するものがあったのです。詳細を読むと対象の病院の住所記載されていました。『定期的に診察になると遠いなぁ・・・』と思いはしましたが、「治験本番に残れたら入院して終わり」という説明が魅力的に感じました。

 

そこで思い切って連絡を取ってみることに。指定された病院が驚くほど大きな病院だったのでビックリ!窓口を探していると、治験コーディネーターさんが私を見付けて下さって無事対面出来ました。

 

因みにコーディネーターさんが私に気付いた理由は『この時間帯にこの辺りでキョロキョロして探しているのは、大半が治験関係だから』とのことでした笑

 

不安はありましたが、コーディネーターさんが私の質問に丁寧に答えてくれたのが有り難かったです。その後、医師からの診察が開始しました。診察の後の検査で、数値のによっては治験をお願いしたり、できない場合もありますので・・・と説明がありました。

 

検査の結果は無事合格!晴れて治験デビューすることのなったのです。

 

処方された薬(治験の主役の薬ではありません)について、『もしこんなことが起きたら飲むのを控えるように』と詳細な指示があり、診察後にコーディネーターさんからも改めて説明がたので安心して終えることができました。

 

5日間を1回と4日間を1回で約12万円

 

治験仲介サイトを通して治験に応募しました。本試験に先立って事前検診があり、この検診で体重などの身体測定や血液検査を行い、適正があると判断された場合に後日本試験に進むことができます。

 

ちなみに、この事前検診で協力費総額のうち5000円を交通費として手渡しで支給されました。本試験に進めなかった場合はこれで終了となります。無事事前検診で脱落することなく、本試験に参加する運びになりました。

 

本試験までの間は食事制限があり、指定の食べ物や医薬品、アロマなどは利用することはできませんでした。治験参加当日になり、朝から絶食との指示で空腹のなか会場となる病院へ行きました。

 

その日は身体測定のみ行い、翌朝から投薬が始まりました。電子機器や本などの持ち込みが許されていたので、大学のレポートを書いたり本を読んだりと、薬を飲んでからの時間も無駄なく過ごすことができました。

 

食事も食堂で原則三食提供され、夜の消灯時間も早かったので生活リズムが崩れるようなこともありませんでした。

 

ただ、入院者数が多く隣のベッドとの仕切りがカラーボックスだったため、完全なプライベート空間がシャワー室しかなく時間が経つにつれストレスが溜まっていきました。

 

また、定期的に採血があったのですが、留置針ではなく都度針を刺す形式だったので、退院のころには腕に紫色の痣が出来てしまいました。

 

1回のみ1日だけ。5000円。

 

通院1回だけの採血モニターをやったことがあります。事前検査を受け募集枠以上のモニター応募数であれば、そこで本試験に採用される方々にだけ連絡がいくことになっていました。
このケースは採血のみだったので、治験薬の服用がないことも魅力的だと感じました。また、たった1回の通院であったのにも関わらず、交通費もしっかり出してくれたのが嬉しかったです。

 

説明会が事前に開催されるのですが、内容についての情報は他言無用でした。ただ、直近で献血を受けていないことが条件でしたし、生理周期についてだったり、服用している薬の有無、注射による肌トラブルなどについてもチェックされました。

 

当時は通院治療中というワケでもなく、何かしらアレルギーをもっているワケでもなく、病院で採血をされるのも苦手な方ではありませんでした。

 

参加できることになりましたが、事前に健康診断の受診が必要だと聞いて、かかりつけ医による健康診断結果も提出しました。ただこの場合の病院の費用も無料でしたね。

 

国(厚生労働省)が定めた臨床試験の実施の基準については資料が配布されましたし、治験実施医療機関での対応も悪くありませんでした。

 

4週間に1回の通院を計5回、約6ヶ月間。5000円プラス別途交通費。

 

尿もれに悩む女性を対象にしていた通院モニター枠での経験があります。応募対象は20才以上の女性で、尿もれ(腹圧性尿失禁)で悩んでいた私に適した通院モニターだと思い参加しました。

 

くしゃみをした時に尿もれがあったので治療によって何かしら協力ができたり、改善できるのならいいなーといった気持ちから参加したのですが、実施日程が決まっていて、そのステップで事を進めることになっていました。

 


更新履歴