それでは果たしてどの程度、肝臓や肺でがん細胞が増えれば、生命が維持できなくなるほどの機能の低下が生じるのでしょうか。

 

 50〜60年ほど前は、肺結核になると手術で片肺を取ってしまう人が大勢いました。

 

 また現代では、肝臓の悪い人に家族が肝臓の一部を提供してそれを移植する、生体肝移植という治療も行われるようになりました。生体肝移植を受ける人は、病気の肝臓を100%取ってしまって、臓器提供者の肝臓の一部をもらいます。

 

 提供する側は肝臓のおよそ3分の1をあげることになります。移植を受けた人は少なくとも手術直後は健康な人の3分の1の大きさの肝臓で生きていくことになります。肝臓の3分の1をあげた人は、残り3分の2で手術直後は生きていくことになります。それでも二人とも生きていけるということです(手術後に、その肝臓は時間の経過とともに徐々に大きくなり、いずれは元の大きさに近いくらいになります)。

 

 つまり、肺は半分、肝臓は3分の1しか残っていなくても、最低限の機能を維持することができるから、私たちは生きていけるのです。

 



 がんの転移もこれと似ています。がんがいろいろな臓器に転移すると、その転移した部分には本来の機能はありませんから、残りの正常な部分で臓器機能を維持することになります。その機能が最低限の機能を維持していれば、死ぬことはありません。

 

 さらに肺や肝臓に結構な転移があっても、血液検査によって、本来の機能が低下していないと判明することもあります。患者さんも痛くもなければかゆくもなく、言われなければ気づかないことすらあるのです。

 

 がんが増え続ける細胞である以上、いずれは転移した細胞が増えて、生命を維持するために必要な臓器の機能を低下させ、命を失う可能性はあるでしょう。しかしそれまでの期間、つまり肺なら半分以上、肝臓なら3分の2以上の機能を失うまでは生命は維持できているので、死ぬことはないのです。

 

 そうなるまでの間、治療でがんの進行を遅らせることもできるでしょう。そう考えると、思ったより時間の余裕があることに気づいたのではないでしょうか。

 

患者は実際以上に悲観しがち

 

 われわれはがんを告知されると、死を意識して極度に焦ってしまいます。しかし生命を失う理由をよく考えてみれば、そこに至るまでの時間は決して短くはないことがほとんどです。

 

 がんという病気には、どうしても暗いイメージがつきまといます。そのため患者さんの中には実際以上に事態を悲観してしまう人が多いものです。しかし必ずしもその必要はないということが、わかってもらえたでしょうか。

 

治療の目的を見極める

 

 当たり前ですが、われわれは永遠に生きることはできません。がんがあろうがなかろうが、必ずや年老いて死ぬ時期を迎えます。

 

 それならば、たとえがんになってそれが進行し、重要な臓器に機能不全が起こって亡くなる時期が来るとしても、それが本来の寿命と同じくらいか、またはそれより遅ければ、それほど嘆き悲しむことはないはずです。

 

 実際、高齢のがん患者の場合、亡くなった原因ががんなのか老衰なのか、もうわからないということもよくあります。

 

 もちろんわれわれは患者さんを治すために治療をしていますし、患者さんも治ろうとして治療を受けています。しかし何歳になっても、どんな病気になっても、本来の寿命は関係なく訪れます。がんという病気があれば、生きるための最低限の機能を失う時期が早まることで、本来の寿命よりも短い人生になるかもしれません。

 

 しかし、たとえがんが完治したとしても不老不死が訪れるわけではありません。

 

 もしも完治を目標にした場合、結果的に完治が不可能であることが分かれば、かえって苦しみを深くすることだってあるでしょう。それよりも「本来の寿命に近づくころまで、がんがおとなしくしていてくれれば十分」という感覚を持つほうが現実的だと思います。

 

 がんの完治を目指すのではなく、がんがあってもいいから、生命が維持できなくなるまでの時間を治療によってできるだけゆるやかに延ばす。そうすれば、その分本来の寿命に近づく。

 

 このような考え方に切り替えることができれば、精神的に安定し、治療の効果も上がりやすくなります。

 

 のちほど説明しますが、心をおだやかに保つことは、がん治療においてとても重要です。くよくよすることは免疫を低下させるため、がん治療においても決していい結果につながりません。

 

 がんになったということより生きるために必要な機能が維持されているか≠ヌうかに注目すべきです。そういう観点で検査結果を見ると、案外まだまだ生きられると気づく人は多いはずです。

 

 そして私たちが忘れてはいけないのは、何のためにがんの治療をしているのかということです。がん治療の本当の目的は、がんを治すことではなく、元気に長生きして、そしてできれば本来の寿命をまっとうするまで生きることです。