がんとはどんな病気か?

 

自分の細胞が異常をきたしたのが「がん」

 

そもそも、がんとはどんな病気なのでしょうか。簡潔にひと言で説明するならば、「自分の細胞が異常をきたしたもの」といえます。

 



人間の体は、約六〇兆個の細胞でできています。たった一つの受精卵が、数えきれないほどの分裂を繰り返しながら、皮膚、血管、筋肉、内臓など、さまざまな組織の細胞へと分化し、数を増やして体が形づくられ、赤ちゃんとして誕生し、成長して大人になっていくのです。そして、大人になった後も、細胞は常に分裂・増殖を繰り返し、日々、新しい細胞が生まれています。その一方で、古い細胞は捨てられ、全体のバランスを保ちながら新陳代謝を繰り返しています。

 

こうした細胞の分裂・増殖が正常に行われているのは、DNAが正常にはたらいているからです。しかし、ときにはDNAが突然変異を起こし、異常な細胞が生まれることがあります。これが、いわば、「がんのもと」です。

 

DNAが突然変異を起こす理由としては、オゾン層の破壊による紫外線の照射、ストレス、食事に含まれる化学物質などのほか、生活習慣や加齢も影響していると考えられます。おそらく、こうしたいくつもの原因が重なり合って、DNAが突然変異を起こし、「がんのもと」が生まれるのでしょう。また、DNAの突然変異などではなく、細胞にはそもそも将来がんになるようなプログラムが組み込まれているのだとする説も出てきています。これが、がん幹細胞説です。

 

ただし、「がんのもと」が生まれること自体は、決して珍しいことではありません。健康な人であっても、体のなかでは毎日、二〇〇〇〜三〇〇〇の「がんのもと」が生まれていると考えられます。そこで重要な役割をはたすのが、体に備わった「免疫」の仕組みです。免疫の仕組みによって「がんのもと」は死んでしまうため、体内に残らず、悪さをすることもありません。

 

ときには、「がんのもと」が免疫の仕組みをかいくぐって生き残り、体内にとどまってしまうことがあります。しかし、そもそも細胞には分裂・増殖をコントロールして、数が増えすぎないようにする仕組みが備わっているため、そのほとんどは発生した場所にとどまり、増殖せずにいると考えられます。こうしたものは「良性腫瘍」といわれます。良性腫瘍は、発生した部位などによっては体の機能にかかわり、病気を引き起こす場合もありますが、手術などによって取り除けば問題ありません。

 

しかし、なかには、分裂・増殖をコントロールする仕組みが正常にはたらかず、免疫の監視の目もかいくぐって、どんどん増殖し続けてしまうものがあります。これが「悪性腫瘍」すなわち「がん」です。増殖したがんは、やがて体の機能を損なうようになり、さらに、がんが発生した部位だけでなく、血液の流れなどに乗って体内のあちこちに転移をして、命を奪うこともあるのです。

 

「再発」をもたらす「浸潤」と「転移」

 

がんの治療が困難とされる大きな要因は、「再発」にあります。治療の結果、がんがなくなったように見えても、しばらくするとまたがんが見つかるケースが少なくないのです。再発をいかに防ぐかが、がん治療の大きな課題であり、また、患者の心や体に大きな負担と不安をもたらしてもいます。

 

がんが再発するのは、がんが持っている「浸潤」「転移」という性質によるものです。

 

「浸潤」とは、聞きなれない言葉かもしれませんが、「しみこむ」という意味です。がんのなかには、正常な細胞とはっきり区別できる形で存在しているものだけでなく、周囲の正常な細胞のなかにしみこむように広がっているものもあります。浸潤がどこで起きているかを正確に診断することは困難です。このため、手術によってがんを確かに取り除いたつもりでも、目に見えない部分にがんが残っていることが少なくありません。そうしたがんがやがて増殖して、再発することがあるのです。

 

「転移」とは、がんが、発生した部位とは別の部位に飛び火してしまうことです。がんは、血液の流れに乗るなどして、体のあちこちに運ばれます。運ばれただけで、免疫のはたらきなどによって退治されれば問題ありません。しかし、なかにはその部位にしっかりと定着することがあります。これが転移です。がんが見つかった場合、発生した部位にあるがんが取り除かれたとしても、すでにほかの部位に転移している、または、今後転移して、再発する可能性に注意を払わなければなりません。

 

つまり、がんの治療にあたっては、確認できるがんを取り除くことはもちろん、がんの再発を防ぐことが大きなポイントとなるのです。

 

 

では、がんを取り除き、再発を防ぐために、どのような治療が行われているのでしょうか。現在、一般の病院で行われている治療法には、大きく分けて3種類あります。「外科療法(手術)」「放射線治療」「化学療法(抗がん剤治療)」です。これらは効果があると広く認められたもので、「標準治療」、もしくは「三大治療」などと呼ばれています。免疫療法について触れる前に、これらの治療法について解説していきましょう。